親鸞 (1173〜1262)








銅像のある場所   新潟県上越市 国府別院

 親鸞は、鎌倉時代初期の僧。浄土真宗の開祖です。
 法然に師事し、ひたすら念仏を唱えることによって救われるとした浄土宗に入門していましたが、1207年、専修念仏禁止により越後国府に流されました。
 越後では、流人として5年、その後2年を妻の恵信尼とすごしました。
 その後、関東を巡遊。浄土宗から一派をおこして、浄土真宗を開宗しました。
 著作に『教行信証文類』『歎異抄』など。



「有名人銅像拝見」トップに戻る


「松代屋重五郎」トップに戻る

SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO