品川弥二郎 (1843〜1900)





銅像のある場所  東京都千代田区九段 清水門外

 長州藩士。吉田松陰の松下村塾に入りました。
 尊皇攘夷運動に入り、品川御殿山のイギリス公使館焼き討ちにも参加しました。
 倒幕運動では木戸孝允とともに行動し、王政復古のクーデターを実現しました。
 また、倒幕軍の旗印となった「錦の御旗」を作成したのもこの人といわれています。

 また、有名な「トコトンヤレ節(宮さん宮さん)」は官軍の行進歌となりましたがこの作詞も品川弥二郎といわれています。

 宮さん、宮さんお馬の前にヒラヒラするのはなんじゃいな トコトンヤレトニヤレナ
 ありゃ朝敵征伐せよとの錦の御旗じゃ知らないか トコトンヤレトンヤレナ

 明治後は政府の顕官を歴任。



「有名人銅像拝見」トップに戻る


「御宿 松代屋重五郎」トップに戻る

SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO