佐藤一斎 (1772〜1859)





銅像のある場所   岐阜県恵那郡岩村町 岩村城跡

幕末の大学者、佐藤一斎。美濃国岩村藩の出身です。
幕府の昌平坂学問所の塾長になり、官学界の中心人物になりました。
しかし、陽明学に傾倒しましたが、立場上朱子学を教えねばならず、陽明学は私塾で教えました。そのため、「陽朱陰王」(表は朱子学、裏は陽明学という意味でしょうな)と誹られたようです。
生涯に門人3000人といわれ、渡辺崋山、佐久間象山、横井小楠など錚々たる英才を輩出しました。ちなみに上の肖像画は渡辺崋山が描きました。



「有名人銅像拝見」トップに戻る


「松代屋重五郎」トップに戻る

SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO