酒井峰治





銅像のある場所 福島県会津若松市 飯盛山白虎隊記念館前

 酒井峰治は会津白虎隊の一人。明治以後も生き残りました。
 近年、峰治が書き残した「戊辰戦争実歴談」が発見されました。
 
 この「戊辰戦争実歴談」によると白虎隊は豪雨と疲労の中で戦い、峰治は敗走中に仲間とはぐれてしまいます。
 峰治は自刃を覚悟しますがその時、奇跡的に愛犬クマと出会います。

「余の傍らを過ぐるあり。よく顧みれば、愛犬クマなり。
すなわち声をあげてその名を呼べば、とどまりて余の面を仰ぎみるや、疾駆して来たりて飛びつき、歓喜に堪えざるの状あり。
余もまた帳然として涙なきにあたわず」(酒井の手記)

愛犬と出会ったことで生きる決意をした峰治は鶴ヶ城に入城。その後生き残りました



「有名人銅像拝見」トップに戻る


「御宿 松代屋重五郎」トップに戻る

SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO