仁科 盛信 (?〜1582)





銅像のある場所  長野県上伊那郡高遠町 五郎山
 仁科五郎盛信は武田信玄の5男。信州の名家、仁科氏に養子に入りました。

 武田家滅亡時、盛信は伊奈の高遠城に篭城。織田の大軍を相手に戦い、ほぼ全員討ち死にするまで戦い、盛信も壮烈な最期を遂げました。

 盛信と城兵の遺骸は領民の手によって城を見下ろす山に葬られ、その山は盛信の通称、五郎から「五郎山」と呼ばれるようになりました。

 ちなみに盛信の名は「信盛」と訛伝されて長野県歌『信濃の国』に歌われています。

 旭将軍義仲も 仁科の五郎信盛も
 春台太宰先生も 象山佐久間先生も
 皆、この国の人にして 文武の誉れ類無く 山と聳えて世に仰ぎ 川と流れて名は尽きず



「有名人銅像拝見」トップに戻る


「松代屋重五郎」トップに戻る

SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO