直江兼続 (1560〜1619)





銅像のある場所   新潟県三島郡与板町 歴史民族資料館

 直江兼続(なおえ かねつぐ)。上杉謙信に才智を認められ、謙信、景勝の二代に仕えた名宰相です。官称山城守。
 その才能は豊臣秀吉にまで認められ天下人の素質があるといわれました。(多分、半分世辞ですな)
 そのため、上杉の家老でありながら米沢30万石の大封を治めました。

 関が原の合戦では石田三成に呼応。最上、伊達の軍勢と交戦します。
 しかし、上杉がついた西軍が敗れため、上杉家は会津120万石から米沢30万石に転封。兼続も上杉家安泰のために奔走しました。



「有名人銅像拝見」トップに戻る


「松代屋重五郎」トップに戻る

SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO