溝口秀勝 (1548〜1610)





銅像のある場所 新潟県新発田市 新発田城

 溝口新発田藩の祖。従五位下伯耆守。
 尾張の国中島郡溝口の出。最初織田信長の重臣、丹羽長秀に仕えました。1581年織田信長の直参に取り立てられましたが、本能寺の変の後には再び丹羽長秀に仕えました。
 賎ヶ岳の合戦の戦功により豊臣秀吉から加賀大聖寺4万4千石を与えられました。
 慶長3年(1598)、堀秀治の与力大名として越後新発田6万石に封じられました。
 慶長5年(1600)の関ケ原合戦では東軍に与し、上杉遺臣の一揆の鎮定に努めました。
 以後、溝口家は明治維新まで新発田を治めました。



「有名人銅像拝見」トップに戻る


「御宿 松代屋重五郎」トップに戻る

SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO