前田利長 (1562〜1614)





銅像のある場所  富山県高岡市  高岡古城公園







銅像のある場所 富山県高岡市 瑞龍寺参道

 前田利家の長男、前田利長です。
 父、利家の活躍の前に霞がちですが、智勇兼備の名将でした。
 利家亡き後、徳川家康から警戒され、豊臣家に謀反のたくらみがあるとあらぬ疑いをかけられますが、実母を人質に送って家康の矛先をかわします。
 その後も、徳川からの難題をかわし、加賀百万石の基礎を築きます。

 高岡は利長が隠居城として城を築いたところから始まりました。ちなみに高岡という地名も利長がつけたそうです。

 利長の菩提寺、高岡山瑞竜寺は国宝に指定されています。



 瑞竜寺は3代利常の時に作られました。
 広大な寺域をもつ禅宗様の寺です。歴代藩主の篤い保護を受けました。



「有名人銅像拝見」トップに戻る


「松代屋重五郎」トップに戻る

SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO