栗本 鋤雲 (1822〜1897)





銅像のある場所  群馬県群馬郡倉渕村 東善寺

 栗本鋤雲(くりもと じょうん)。通称、瀬兵衛。
 徳川幕府の医官の家に生まれました。
 文久2年、士籍に列し、昌平黌頭取、以後、目付役から先手頭、軍艦奉行を務めました。

 小栗忠順とともに横須賀造船所の建設に尽力しました。
 いわば、小栗とならんで港横須賀の父と言えるでしょう。

 慶応3年、外国奉行兼箱館奉行としてフランスに出張。借款の交渉に赴きましたがその間に幕府が瓦解しました。
 維新後は新聞記者になりました。

 また、栗本鋤雲は登山家としても知られており、日本人で最初にヨーロッパのアルプスに足を踏み入れました。



「有名人銅像拝見」トップに戻る


「松代屋重五郎」トップに戻る

SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO