桂小五郎(木戸孝允) (1833〜1877)





銅像のある場所  京都府京都市中京区京都ホテルオークラ

 桂小五郎(維新後は木戸孝允)は長州藩出身で、吉田松陰門下。
 長州尊王派の中心人物として、藩政を指導。京都政界では長州代表として活躍しました。
 しかし、京都において長州勢力が没落すると、一時乞食に身をやつして逃げ回ったと言われています。

 維新後は参議になり、維新政府の中心人物となりました。

 京都ホテルオークラは長州藩邸のあった場所だそうで、それを記念して銅像が建てられました。



「有名人銅像拝見」トップに戻る


「御宿 松代屋重五郎」トップに戻る

SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO