金森長近 2





銅像のある場所  福井県大野市  越前大野城

 越前平定に戦功のあった金森長近は、大野郡を与えられ、越前大野城を築きました。
 そこで、長近は京都に似た町割を行い、今日小京都と呼ばれる、越前大野の町を作りました。

 その後、飛騨高山に移封されましたが、そこでも京都風の町を作り、さらに隣の飛騨古川も同じような町割の城下町を作りました。

 金森長近は城主になっても領国を留守にして何度も京都を訪れました。
 また、千利休、古田織部などと親交のあった茶人であり、教養人でもありました。
 長近が他界したのは、京都の屋敷であり、埋葬場所も京都でした。
 よっぽど、京都が好きだったのでしょう。

 彼の作った、越前大野、飛騨高山、飛騨古川は今も町並みの美しい小京都として観光客に愛されています。



「有名人銅像拝見」トップに戻る


「御宿 松代屋重五郎」トップに戻る

SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO