金森長近 (1524〜1608)





銅像のある場所 岐阜県高山市 城山公園

 金森長近は、織田信長に仕え、長篠の合戦や越前平定に功があり、越前大野3万石をあたえられました。
 賎ヶ岳合戦には秀吉方につき、関が原合戦には家康につくなど、目先の速さと確実さには驚きます。
 また、長近は千利休や古田織部に茶を学んだ茶人でもあり、かれが作った越前大野や、飛騨高山が今にいたるまで「小京都」と呼ばれる街づくりを行い得たのは茶人としての美意識と行政官として能力が秀でていたためだと思います。



「有名人銅像拝見」トップに戻る


「御宿 松代屋重五郎」トップに戻る

SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO