板垣退助 (1837〜1919)





銅像のある場所 岐阜県岐阜市 岐阜公園(岐阜城址)

明治15年、自由党総理、板垣退助は岐阜での講演の後、刺客に襲われました。この銅像のある場所が、まさに襲われた場所なのだそうです。
 襲われたとき板垣は「板垣死すとも自由は死なず」という名言を残しました。
 私は子供の頃にこのエピソードを聞いて、この時板垣退助は死んだんだと思い込んでいました。
 後に実はこの時板垣は負傷しただけだったとわかり、「目からうろこ」だったことを覚えています。言葉が残すイメージって強烈ですね。



「有名人銅像拝見」トップに戻る


「御宿 松代屋重五郎」トップに戻る

SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO