九代目市川団十郎 (1838〜1903)





銅像のある場所     東京都浅草寺

 明治期の歌舞伎役者。
 生後まもなく河原崎座の河原崎権之助の養子となるが、実兄の8代目市川団十郎の自殺を受けて市川家に戻り、1874年9代目市川団十郎を襲名しました。
 明治の文明開化を受けて歌舞伎の近代化に努め、後に「劇聖」と称えられました。

 1887年、明治天皇の前で歌舞伎を演じ俳優の社会的地位の向上にも努めました。



「有名人銅像拝見」トップに戻る


「御宿 松代屋重五郎」トップに戻る

SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO