秀吉と三成





銅像のある場所   滋賀県長浜市 長浜駅前広場

 豊臣秀吉と石田三成が初めて出合った有名な「三献の茶」の場面。

 秀吉が信長の家臣として長浜の城主になったばかりのこと。
 ある暑い日、鷹狩に出かけた秀吉は喉が渇き、近くの寺に入ってお茶を頂く。

 その時、そこにいた寺小姓の少年は最初に大きなお椀に、多めにぬるい茶を出し、秀吉が一息に渇を癒すようにさせ、次にやや熱く、三杯目には小さい碗に舌の焼けるような熱い茶を出しました。
 
 この機転の利いた茶を出した少年の非凡を見抜いた秀吉はそのまま家臣として召抱えました。この少年こそが後の石田三成です。



「有名人銅像拝見」トップに戻る


「御宿 松代屋重五郎」トップに戻る

SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO