林 子平 (1738〜1793)





銅像のある場所   宮城県仙台市 勾当台公園付近

 林子平(はやし しへい)。江戸時代中期の学者です。

 高山彦九郎、蒲生君平とならんで「寛政三奇人」と称されました。
 仙台藩に殖産興業の策を建白し、各地を遊歴、地理学、兵学、海外事情に明るく、国防の重要さを説きました。

 林子平の著作「海国兵談」は彼のライフワークと言えますが、これが幕府に忌み嫌われ出版は禁止、身柄は禁錮の処分を受け不遇のうちに亡くなりました。
 しかし、林子平の主張の正しさは子平の死後60年たったペリー来航により証明されました。

 海国兵談の一節。「日本橋より唐 おらんだ まで境なしの水路なり」



「有名人銅像拝見」トップに戻る


「松代屋重五郎」トップに戻る

SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO