支倉常長 (1571〜1622)





銅像のある場所   宮城県仙台市 仙台城跡

 支倉常長は、伊達政宗の家臣です。
 政宗の命により、太平洋を渡って、メキシコ経由でイスパニアおよびローマにわたり、通商貿易を開くことを求めました。
 ローマでは、市民権をえて、キリスト教の洗礼を受けました。

 元和6年、帰国しましたが、すでに幕府によりキリシタンの禁令が出ており、棄教しない常長は不遇な後半生をおくりました。



「有名人銅像拝見」トップに戻る


「松代屋重五郎」トップに戻る

SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO